« 電車の空気を読む… | トップページ | 箱入りしました~… »

愛馬物語…

今日も明日も引越準備~house、なGWを過ごしていますがcoldsweats01
夜、久しぶりに2時間ドラマを見てしまいました~。

その名は

『愛馬物語horse

ノンフィクション大賞を受賞したお話をヒントに
ドラマ化した、ということでしたが、やはりお馬さん好き
としては気になっていたタイトルでしたので、
見ずにはいられません~っhappy02heart04、ということで。

しかし、元々動物系には弱い私…bearing

予想通りの、ティッシュの大消費大会~dash(笑)。
目頭ふきと鼻かみで、ゴミ箱半分埋まったしcrying…。
途中鼻が詰まり過ぎて、頭も痛くなってきましたよ。

単純に、『泣き過ぎ』です(笑)。

お馬さんが見たかったheart01だけなのに、内容は深く
重く、私の心に響きました…think

でも、ある意味たくさんの人に知ってほしい
お馬さん事情や、現実問題も提起されていた
ように私は捉えました…。

 
それはまず、行き場のなくなった
たくさんのお馬さんが、この世から
去る運命にある現実…。

ドラマの中でも、乗馬クラブで人気のないクラリオンが
クラブ場長の判断で、処分されそうになったのですが
(お肉になっちゃう、ともはっきり言ってましたcoldsweats02
主人公が、病気になってしまった奥様のために
(奥様だけがこの馬を気に入って乗っていたのです)
引き取ることになったのですが、普通の一戸建ての庭に
無理矢理連れてきたので、ひと騒動あったり…と。

 
競走馬も然りです。
毎年、7~8,000頭くらいのお馬さんが中央競馬に登録し、
活躍したものは、種牡馬になったり、
競馬場の誘導馬や、一部は乗馬に引き取られたり…。

でも、それらも全体数の中のほんの
わずかな数でしかありません。

牛肉、豚肉、鶏肉は、その為の農場がありますが、
さくら肉の農場は…?! 私も表向きにはほとんど
聞いたことがありません。

それが、目をそむけたくなるけど現実なんです…。

私だって、土地とお金があればお馬さんと暮らしたいsign03
と思ったこともありますが、ペットすら飼えない住居では
夢物語なお話です。

結局このドラマでは、鬼の証券マンだった主人公は、馬から
生きるって大変なんだなぁ、ということを気付かされ
奥様が亡くなった後に、近所のご好意で借りた土地から
自身ごとクラリオンの故郷北海道に移り住み、
広大な土地で、一緒に暮らしていくのですが、
 
最後に、字幕で、クラリオンは今年の2月に28歳8ヶ月の
生涯を終えました、と出て涙腺大爆発cryingdashでした。

人間で言えば、100歳くらいの大往生です。
本当に幸せに過ごしていけたのだと思いました。

このドラマをきっかけに、土地のある人がお馬さんを
少しでもたくさん、引き取ってくれたらなぁ~weep、と
正直思ってしまいました。

先日、『馬の王子様』というスポット番組でも、
なぜか、馬を飼うには?なんてことをやっていて、
30坪くらいの運動できる土地があれば、なんて
現実的にやってましたからね~。

ということで、お馬さん好きの私には結構ヘビーな
ドラマだったかもしれませんね…coldsweats01

少しでも、たくさんのお馬さんが幸せな一生を
過ごしてほしいということを願ってやみません。

今回お話もヘビーになってしまいましたが、
また明日からも引越片付け、頑張りますよ~happy01up

 

 

|

« 電車の空気を読む… | トップページ | 箱入りしました~… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おはよーございま~すnote

我が家は私にチャンネル権がないので、昨夜は見れませんでした~weep
おがわじゅりさんの『もと競走馬のオレっち』というマンガにも、乗馬クラブで使用できなくなると肉になると、シビアに描かれてあります。
バブルがはじけた頃は、売れ残った馬(生産の約半数)が1トンくらいまで太らされ、九州に渡ったと聞きました。
元競走馬を引き取り余生を後らせている牧場などをホームページで見ても、会員にならない私、牛・豚・羊・鳥などの肉は食べるのに、馬が肉になるのはかわいそうと思う私は、矛盾だらけです。

投稿: めぐ | 2008年5月 4日 (日) 09時40分

めぐさん、おはようございます♪
この現実に心が痛むのは、今の私達がお馬さんに
『心通わせる対象』として接しているからなのだと
思います。
これが、生活を支えている畜産関係の人であれば
見方も変わってくるだろうし…。
立場の違いで考え方が違ってくるのは、なかなか
難しいところですね…(^-^ゞ。

今日の中山はPWにも関わらず8時開門だったとか(@_@)!
さすがGWのG1ですね(^-^ゞ。
チビポやハイちゃんにもよろしくお伝え下さい〜(笑)☆

投稿: ルイーズ | 2008年5月 4日 (日) 10時22分

「愛馬物語」の本も感動しますよ~!
クラリオンだけでなく、愛犬シャープとの
やりとりも、クラリオンに負けないくらい
感動しますよ~!
ドラマを観てから本を読んだのですが
本の中ではまだクラリオンは生きていたので
ドラマの最後クラリオンがなくなったのを
思い出したとき、想像を絶する悲しみが
あったのだと思うと涙が出ました。

投稿: 源ちゃん | 2008年5月 6日 (火) 16時46分

源ちゃん、こんばんは♪
コメント嬉しいです(^o^)!ありがとうございます~♪

本、私も気になっていました~。
ドラマはどちらかと言えば、
人間模様が主のようでしたので、シャープと
クラリオンの出会いのきっかけも
割愛されていたようでしたし…。
ドラマで、2頭が嬉しそうに駆け回る姿
(亡くなる前の本物だったのか?!)
を見ただけでも、涙が出てました(^o^;)ので、
本を読んだらきっとまた号泣ですね(笑)。
引越先に本屋さんがあったので、
そこで購入第1号♪にして、読んでみたいと思います☆

投稿: ルイーズ | 2008年5月 6日 (火) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484195/20749237

この記事へのトラックバック一覧です: 愛馬物語…:

» 【愛馬物語】についてサーチエンジンで検索してみると [気になるキーワードでブログ検索!]
愛馬物語 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし… [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 03時28分

« 電車の空気を読む… | トップページ | 箱入りしました~… »