« 中山の内馬場にやってきました…  | トップページ | こうして支えられています… »

真面目に笑いを考えると?!…

仕事から帰って、晩ごはんを食べながらTVのニュースを
見ていたら、『笑いの測定機』なるものが開発されて、
記者の前でお披露目のようなものをやったそうです。

開発したのは、関西の大学の教授だそうで、
原理としては、体の何ヵ所かに小さな吸盤のような
(よく、脳波を測定する時に使うようなタイプ)
ものを貼り付けて、

笑いによって振動するという、3ヶ所の筋肉
(頬の筋肉、横隔膜、腹筋)のそれぞれの振動を測定し、
どのような質の笑いだったかがわかるのだそうです。

お披露目では、体育館のような場所のステージに、
本物の若手お笑い芸人を呼び(私は知らない人でした)
舞台で、コントを披露するわけですが、

同じ壇上の脇では、被験者として、
いかにも体育館のパイプ椅子に座った
子供やそのお母さんなどが、そのコントを見て
笑ったものが、どういう笑いだったかを
測定する、というものでした。

超ダイジェストにコントを見た限りでは、
う〜ん、どうよ(^o^;)?!的なものにしか
私には見えませんでした(笑)。

で、壇上では被験者の母子が見て笑ってたりします。

 
そして、その後に核心部分に入り、
コントを見ていた時の、それぞれの筋肉の
振動の波形が、舞台上に大きく映し出されました。

すると、頬の筋肉は活発に動いているのに、
横隔膜と腹筋は、まるで心電図のように
心臓の振動しか伝わってない(動いてない)と。

これは、いわゆる『愛想笑い』なのだそうです。

つまり、腹の底から笑えていなかった、
ということが分析結果からわかるのだそうです。

中には、どの筋肉も全く振動していない人もいて、
芸人さん自身も
『これは、無視されてたわけですね〜』
と、しっかり自己分析ができていたようです(笑)。

結局、全てが振動していた、いわゆる
『腹の底から笑えた』データは、
その場では、取れなかったようです…(^^;)。

 
その結果のほうが、私は笑えました〜(^o^)。
しかも、その一部始終を大真面目なニュース番組で
取り上げていたわけですから、なおさらです(笑)。

教授の、芸人の人選の基準もよくわからなかったし(^o^;)、
全てのパターンのデータを取りたかったのでは
なかったのでしょうか、と余計ながらも心配してしまったし(^o^;)

ちなみに笑いの単位を『aH(アッハ)』といい、
(pHから取ったのか…)アッハ値がうんぬん…
という使い方をする模様です(^-^ゞ。

…でもまぁ、その辺全体が何だかおもしろかったので
私は、よしとしましたよ(笑)。

実際にインタビューを受けていた教授も、
相当に笑いの研究をされているのだと思いますが、
終始笑顔で話しているのも、一般の教授には
ありえない表情だったので、それも面白かったし、

まぁ、笑う、ということ自体は私は好きなので
楽しいニュースでしたよ〜(^o^)。

 
今後は、大真面目に笑いと健康の関係など、
まだまだ更にデータを取りながら研究していくのだそうです。

そして、将来は携帯できる測定機も開発して、
(でもそんなに大掛かりな機械にも思えませんでしたが…)
街頭での笑いについても、検証していくのだとか…。

 
笑うことが、体にいい、というのは
以前にも聞いてはいましたが、今後は
科学的にメカニズムが解明されていくのであれば、
この測定機も、やぶさかではないですよね(^^)。

そして、『腹の底から笑う』という原理が
実際に横隔膜や腹筋の振動があったということで
まさに、表現がピッタリだった、というのは
研究の成果でしょう〜♪。
ちょっと、目からウロコだったかな…(^o^)。

 

でも最終的には、NHKニュースで真面目に読まれていた
というのが、一番笑えたのかもしれませんね(*^o^*)。

何はともあれ、笑える話題でちょっと疲れも
吹き飛んだのでした〜(^o^)☆

  (ブログランキング参加タグ)

 

|

« 中山の内馬場にやってきました…  | トップページ | こうして支えられています… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはよーございます♪

世の中、不思議なものが存在するんですね。
『心底笑う』状況は笑わせようとして作られた環境では難しい気がするよ。
『笑いすぎてお腹が痛い』ってときは職場だったら、お馬さんの前だったり、何気ない場所で仲間と一緒なんだよね。

そのニュースを真面目に読んでいるNHKのアナウンサーを見たかったな~。

投稿: めぐ | 2008年2月21日 (木) 07時35分

「実に面白い。」ですね。
確かに、お腹の筋肉が振動しないと、笑っていないという事になると思いますね。
でも、基本的には男性と女性で、呼吸の仕方が違うから、筋肉の振動データも違うんでしょうね。

投稿: 怠け者 | 2008年2月21日 (木) 08時21分

おはようございます。
『笑う』っていつも笑っているような
気がするけど 考えるとあまり
笑っていないような気がします。
子供の頃はおなかが痛くなるほど
笑った記憶があるけれど大人になるに
つれ・・・記憶が・・・!
TVを見ていて感動したり悲しかったりで
よく泣きますが・・・
愛想笑いになれてしまってますね。
昔みたいにおなかをかかえて
笑いたいですね♪

投稿: べりーべりー | 2008年2月21日 (木) 10時10分

NHKで、そんなニュースがあったんですねflair
笑うと、病原菌が減少するらしいですよ~。
免疫力も上がるとか。
ちゃんと医学的に証明されてるらしいです。
私は、毎日けっこう笑ってます♪

投稿: なーさん | 2008年2月21日 (木) 20時56分

面白い発明ですねsmile
最近腹が痛くなるほど笑ってないな・・・。
面白い芸人でてこんかなhappy01
おすすめな人います??

話は変わりますが日曜府中に初観戦しますhorse
ダスカが回避が残念ですが、ブルコンに頑張ってほしいですhorse

投稿: ☆すてぃる☆ | 2008年2月21日 (木) 22時00分

めぐさん、こんばんは♪
心底笑える機会って、なかなか貴重かもしれませんよね(^^)。
やはりNHKのニュースだったのがポイントなんでしょうね。
後からジワジワ面白さがやってきました(笑)。

投稿: ルイーズ | 2008年2月21日 (木) 23時31分

怠け者さん、こんばんは♪
おっ、そのセリフは懐かしの『ガリレオ』ですね(*^^*)。
確かに、あらゆるものを科学で解析するところは、
ガリレオ先生ですね(^^)。
たださすがに見た目は福山雅治とは程遠かったです(笑)。
そうですね、男女でも普段使う筋肉が違うので、
そのあたりの微妙な調整もしているかもしれませんね☆

投稿: ルイーズ | 2008年2月21日 (木) 23時42分

べりーべりーさん、こんばんは♪
そうですね〜、確かに最近はお腹をかかえて
笑うことが少なくなりましたよね。
私も最近の記憶では、動物相手(といってもお馬さん
しかいませんが)で笑ったくらいかもしれません(^-^ゞ。
相手が純真である程、笑いも心底からになるのかなぁ
とも思えてきました。
考えると結構深いですね(^^)☆

投稿: ルイーズ | 2008年2月21日 (木) 23時50分

なーさん、こんばんは♪
NHKが大真面目にやるとは、でした〜(笑)。
笑いは、人間の体も強くする、なくてはならない
ものなんですね。
立派な健康法のひとつかもしれませんね(^^)。
私も一日のうち、何かしらで笑ってるかもなぁ…(^o^)。
それが大事だったんですね〜(*^o^*)☆

投稿: ルイーズ | 2008年2月21日 (木) 23時57分

☆すてぃる☆さん、こんばんは♪
最近のお笑いは、タカ&トシは普段のトークでも
ちゃんとボケツッコミができてるのが好きかなぁ(^^)。
あとは実はとっても賢そうな柳原可奈子ちゃんとか
でしょうかぁ(^o^)。
日曜いよいよ府中ですかぁ…(*^^*)☆
私ももう一度検討します(笑)。

投稿: ルイーズ | 2008年2月22日 (金) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/484195/10650671

この記事へのトラックバック一覧です: 真面目に笑いを考えると?!…:

« 中山の内馬場にやってきました…  | トップページ | こうして支えられています… »